メリットとデメリット

ウォーターサーバーの最大のメリットは、いつでも美味しく、安全な水を飲むことができるということでしょう。水道水の危険性が叫ばれる現代、毎日飲む水や、料理に使う水の成分は、非常に気になるところです。

ウォーターサーバーの水は、安全面だけでなく、健康や美容面でも非常に優れています。使われている水の成分は、各会社によっても様々ですが、数ある水の中でも、バナジウムをたっぷり含んだ水が特に人気です。

ウォーターサーバーは、サーバーのレンタル料が無料というところも多く、また、水の配送料も無料です。そのため、重いミネラルウォーターを買いに行く手間を省くことができます。また、ウォーターサーバーの電気代も、かかっても電気ポットと同じくらいかそれ以下なので経済的です。

ウォーターサーバーのデメリットといえば、置き場所をとるということです。ウォーターサーバーの形には、色々なタイプがありますが、ある程度の場所を確保しなくてはなりません。また、近くにコンセント口がある必要があるため、部屋によっては、ウォーターサーバーの置き場所に困るということもあるでしょう。

また、ウォーターサーバーの水は、会社や採水地、成分などでも差がありますが、高いものでは12リットル入りで2000円近い値段がするものもあります。そして、中には、水代意外にもサーバーのレンタル料がかかったり、メンテナンス費用がかかったりする会社もあるので、場合によっては、ペットボドルの水を買うほうが安く済むこともあります。