上手な利用法

ウォーターサーバーは、確かにとても便利なものなのですが、これを水道水と同じ感覚で使っていたのでは、すぐに水タンクは空になり、その結果、月々の水代もかなりかさんでしまうでしょう。

ウォーターサーバーの上手な使い方は、本当に使う必要がある時にだけ使う、ということです。普通に水を飲む場合なら、迷わずウォーターサーバーの水を飲むとよいでしょう。また、料理に使う場合も、同様です。

しかし、水を使う場合でも、麦茶を作る場合などは、水を沸騰させて作るので、カルキ臭なども抜けて、美味しく飲むことができるでしょう。沸騰させないでそのまま水を飲むときにだけウォーターサーバーを使うことで、かなりのコスト減になります。

また、料理中でも、例えば、パスタを茹でる水などは、一度水を沸騰させるので、普通の水道水で大丈夫でしょう。しかし、おみそ汁のだしをとるときなどは、ウォーターサーバーの水のほうが良いかもしれません。

このように、ご家庭ごとにルールを決めて、まずは試してみて、いったいどれぐらいのランニングコストがかかるかを見た上で、再度、利用するかどうか、使い方などを考えてみてはいかがでしょうか。

ウォーターサーバーの会社には、お試し期間を設けているところもありますので、とりあえず一度試してみてから、レンタルするかどうかを考えてもよいかもしれませんね。