おいしく水をのむ秘訣は?

水を美味しいと感じる要素は、その時の温度や体調にもよりますが、一番大きな要素は、水の温度によるそうです。これは、水を飲む時の体温と、飲む水の温度とが密接に関係しているためなのです。一般的に、美味しいと感じる水の温度は、だいたい10〜15℃ぐらいだといわれています。

水には、大きく分けて、軟水と硬水とがあります。硬水は、ミネラル成分を多く含んでいます。反対に、軟水は、ミネラル成分が少ない水のことを指します。

日本の水は、軟水です。軟水は、お茶をいれるときや、だしをとる水として非常に適しています。ウォーターサーバーをレンタルする際には、家でよくお茶を飲むという方は、軟水を選ぶとよいでしょう。

ウォーターサーバーの水は、常温だけでなく、冷水、温水にもなります。そのため、温かい飲み物を欲しい時にも、いちいちお湯を沸かす必要もありません。お茶を煎れる時には、お茶の種類によっても適温が異なりますが、ウォーターサーバーの冷水と温水をうまく組み焦ることで、お茶の種類に合わせた温度でお茶を煎れることができるのです。

ウォーターサーバーは、水道水とは違い、自分好みの水を選ぶことができることも大きな魅力です。天然水は、採水地や含まれる成分によって味が異なっています。ウォーターサーバーをレンタルする際には、安全性が高く、健康にも効果のある美味しい水を選ぶようにしましょう。