浄水器との違いは?

ご家庭で浄水器を使っているという方も多いでしょう。では、ウォーターサーバーと浄水器の違いとは、一体、どんなところにあるのでしょうか?

一般家庭に供給されている水道水の7割は、川や湖を水源としています。しかし、近年、水道水に含まれる塩素や鉛管、そして、貯水槽にも問題があるといわれています。

しかし、塩素は、低濃度で病原菌に対する消毒効果があり、水道水が家庭に届く前に細菌類に汚染されるようなことがあっても、塩素が水中に残っていることで、水の安全性を保つことができるため、今でも消毒に使用されています。

しかし、塩素と水中の有機物が反応することで、クロロホルムやブロモジクロロメタンなどのトリハロメタンをはじめとする人体に悪影響を及ぼす物質ができてしまうという危険性もあるのです。また、季節によっては、消毒のための塩素量が増えるため、水道水のカルキ臭が気になると感じたことのある方も多いでしょう。

浄水器とは、水道水に含まれている残留塩素やカルキ臭、カビ臭や有機物などの物質の除去、減少をさせることを目的としています。つまり、簡単にいってしまうと、浄水器は、水道水をろ過することで、臭いのない、美味しい水を作ることを目的としているものなのです。美味しい水が飲めるようになることは良いことなのですが、浄水器では、ダイオキシンなどの環境ホルモンまでは除去しきれないという報告もあります。

これに対し、ウォーターサーバーは、塩素などで消毒されることのない天然水を、家庭でも簡単に味わうことのできるものなのです。つまり、浄水器とウォーターサーバーとでは、元々の水源が異なっているのです。