料理をおいしく

水道水は、季節によってはカルキ臭などの臭いを感じることがあります。これは、水道水を消毒するときに使われた塩素そのものの臭いのこともありますが、残留塩素と水中のアンモニア性窒素が混ざって発生した結合塩素の臭いであることもあります。

臭いのする水を飲むことにも抵抗があるものですし、それで飲み物や料理を作っても、臭いが食べ物に移り、美味しさが半減してしまいます。また、塩素などの成分が体内へ入ることでの体への影響も気になるところです。それ以外にも、塩素はビタミンCを壊してしまうという研究結果も出ています。

しかし、料理をする際の水をウォーターサーバーの水にすることで、いつでも安全で美味しい水が手に入り、不安な思いをすることもありません。また、自分好みの水を選ぶこともできるというのも魅力です。

例えば、軟水は、グルタミン酸やイノシン酸などの美味しいうまみ成分が抽出しやすいというメリットがあり、おみそ汁や料理のだしをとるのに適しています。また、軟水は、お米もふっくらと炊き上げてくれます。

しかし、肉料理の場合は、軟水ではなく硬水を使うことで、肉のたんぱく質とカルシウムが結合し、あくが抜けて美味しく仕上がります。このように、料理によって使用する水を使い分けることで、料理が更にグレードアップするのです。